中古車ならではのデメリット

車によってコンディションが異なる

新車と違い、中古車はそれまで車を乗っていたオーナーのライフスタイルや運転方法によって、走行距離や外観、エンジンの調子や足回りの状態などが変わってきます。同じ年式の同じ車種でもコンディションが大きく変わることがあるため、新車に比べて選び方が難しいと言えるでしょう。

購入後に思わぬ出費があることが多いのも中古車のデメリットと言えます。次回の車検までの期間が短い場合は車検費用のことも考えておく必要があります。また、タイヤや足回りの状態によっては、すぐにパーツの交換が必要になることもあるので注意が必要です。こうした出費をできるだけ抑えたいなら、車検までの期間の長さや、パーツの状態についてもチェックしておくと安心です。

中古車店選びに注意が必要

新車に比べて、中古車の場合は購入する店選びが難しいのもデメリットの一つと言えます。悪徳中古車店の中には、事故歴や修復歴を隠したり、メーターを戻して走行距離の改ざんなどを行っているところもあります。また、こちらの希望や予算などを聞かずに無理に中古車を勧めて来たり、客寄せのために嘘の広告を掲載している、相場と比較して中古車価格が高すぎたり安すぎる中古車店も避けた方が良いでしょう。

中古車店を選ぶ時は、取り扱いメーカーや品揃えの豊富さも忘れずにチェックする必要があります。取り扱いメーカーが限られていたり、少ない台数の中から選ばなければならないようだと、希望の中古車を見つけられない可能性が高くなるので注意が必要です。